食後 腹痛

食後の腹痛は胆石?それとも過敏性腸症候群?

日頃から便秘を自覚していてお腹にガスがたまりやすく、時にはお腹がボコボコと音を立てて鳴るのがとても気になる!でもそれよりもっと気になるのが食後の腹痛。。。
食後の腹痛の原因には胆石、過敏性腸症候群、便秘などがあります。
中でも過敏性腸症候群は今まで便秘が気にならなかった人にも起こりうるものだから、自分の症状と照らし合わせ症状改善のための対策をしても症状が長く続くようなら病院へ!

 

食後、右側の肋骨の下あるいは鳩尾の痛み
  • 背中、右肩の違和感も伴うこともあり
  • 酷い時は冷や汗、痛みが数時間続く
  • 軽い時はすぐに痛みがおさまる

考えられるのは胆石症

 

便秘知らずで食後の腹痛とゆるい便
  • 黒い便・・・小腸または十二指腸に炎症または潰瘍の出血の可能性アリ
  • 赤い便・・・大腸に炎症あるいは潰瘍の出血の可能性アリ
  • これらで消化不良による下痢

消化器科または内科を受診しましょう。

過敏性腸症候群の可能性アリ

食後の腹痛が気になる場合は過敏性腸症候群の可能性アリ!

  • すぐおさまるけれどガスが異常に多い
  • 腸が張ったような感覚がある
  • 食後など痛みは一時的
  • ゲップが多い

この場合は過敏性腸症候群である可能性があります。

 

過敏性腸症候群のタイプ

便秘型
コロコロの硬い便が出たり、排便できてもスッキリしない。

 

下痢型
乗り物、建物、部屋などでは必ずトイレの近くを陣取る。
食後すぐに下痢になりる。

 

交換型
下痢と便秘を繰り返す。
続くことで下痢止め服用、食事量を減らすなどで便秘になり悪循環に陥る。

 

ガス・腹部膨満感
ストレスを受けたり食後、異常にガスがたまりやすくなる。

 

左腹部の痛み
強烈な痛みの後、下痢、ガスが気になるものの長くは続かない。

 

過敏性腸症候群である場合の対策
  • 食事内容に問題がある場合はメニューや使用した食材を全て書き出す
  • 下痢、便秘になるときは大抵、同じ食材が使われていることが多い
  • 下痢や便秘の原因となるような食材の摂取を控える
  • 大腸ガンなどの病気の可能性もあるので症状が続く時は一度病院へ
  • 有効成分配合のサプリメントを取り入れ腸内環境を整える

 

有効成分配合のサプリメントについて

腸内環境を整えるための有効成分は乳酸菌とオリゴ糖。
乳酸菌もオリゴ糖もサプリメントが各社から発売されているし、別々に摂るよりも一緒に摂った方が面倒がなくていいので、できれば乳酸菌もオリゴ糖も両方配合されたサプリメントがオススメです。乳酸菌やオリゴ糖は食品からも摂れるものの、含まれる量はわずかだから食品からの摂取のみだと足りないのでサプリメントで補うのがオススメです。
食品から摂る場合は乳酸菌が含まれるヨーグルトなどにオリゴ糖を混ぜて食べるだけでOK!

 

乳酸菌は腸内で善玉菌として働きます。
善玉菌が増えることで悪玉菌が増えて悪さするのを抑えてくれます。
オリゴ糖は善玉菌の栄養となり善玉菌を元気にして増やす手助けをします。
乳酸菌もオリゴ糖も便秘や下痢を改善するための整腸に欠かせない成分なのです。
だから最近は「生きたまま腸まで届く!」がウリになっている商品が続々と登場しています。
自分と相性のいいヨーグルトと出会うために、色々と試して続けてみるのがオススメです。